このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

17

VUCA labo #008 福島英彦さん「大きなアイデアを実現する一歩の踏みだし方」

Organizing : VUCA Labo、株式会社スタイリッシュ・アイデア

Hashtag :#vucalabo
Registration info

一般

Free

Attendees
1

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

現在のように先が読みにくい時期、今起きているさまざまな出来事について「なんとかしなくては」と考え、課題意識を持って何かに取り組んでみたくなっている方もいるのではないでしょうか。

そのように突き動かされるような思いに駆られ、いざ行動してみようと考えてみると、いろいろな制約やしがらみが浮かんできて、「やっぱり自分には無理だ」とあきらめてしまうような人も多いかもしれません。

しかし、実際には「進むか、あきらめるか」の二択ではなく、もっとさまざまな選択肢があるのです。

今回登壇していただく福島さんは、そのさまざまな選択肢を存分に活かして、多くの方に使われている「バタフライボード」というホワイトボードを世に出した上、今でもその可能性を広げ続けています。

福島さんは「バタフライボード」の取り組みを副業からはじめ、現在はバタフライボード株式会社という法人を立ち上げ、代表として活動されています。

すでに多くの方に使われている「バタフライボード」ですが、より良いものにする手を休めることなく、最新のnotesXを開発され、Makuakeでのクラウドファンディングにも挑戦。初日で目標額の2000%に迫る金額を達成しています。

ここにいたるまでに福島さんがどのような取り組みをしてきたのか、その時に何かを考えてきたのかを、福島さんの副業から起業にいたるまでのストーリーをたどりつつ、みなさんと一緒に読み解いていきたいと思います。

いつものVUCA laboのとおり、参加者のみなさんからの質問やコメントもたっぷりと受け付けていきますので、起業に限らず、何か新しいことに挑戦したいと思っている方のご参加をお待ちしています。

【概要】

日時:2021年2月17日 20:00〜21:30
場所:オンライン開催
主催:VUCA labo
参加方法:本connpassページより参加整理券のご購入手続きをお願いいたします。当日、ZoomのURLをお送りいたします。
*本イベントはZoomのオンライン通話にて行います。

【タイムテーブル】

20時00分~ ご挨拶
20時10分~ 福島 英彦さんのプレゼンテーション
20時30分~ 福島 英彦さんと新井 宏征による対談
20時45分~ 質疑応答
21時20分~ まとめ
21時30分 終了

【VUCA labo 今後のスケジュール】

[終了] No.1 : 2020年4月21日(火) 株式会社BIOTOPE CEO 佐宗 邦威 さん
[終了] No.2 : 2020年5月20日(水) 場づくり専門集団のhome’s vi 代表理事 嘉村 賢州 さん
[終了] No.3 : 2020年6月18日(木) 株式会社インフォバーン CVO 小林 弘人 さん
[終了] No.4:2020年7月29日(水) 慶應義塾大学総合政策学部教授 井庭 崇さん
[終了] No.5:2020年8月19日(水) 株式会社イツノマ 代表取締役 中川 敬文さん
[終了] No.6:2020年9月30日(水) ソシオメディア株式会社 篠原 稔和さん
[終了] No.7:2020年11月26日(木) TOKYObeta代表 江口 晋太朗さん
No.8:2021年2月17日(水) バタフライボード株式会社 福島 英彦さん

【ゲスト プロフィール】

▶福島 英彦(ふくしま ひでひこ)
バタフライボード株式会社


2015年に副業で第1弾のクラウドファンディングで初代バタフライボードを発表。”たった一人のメーカー“が生んだノート型ホワイトボードとして注目され、国内外で高い評価を獲得。2017年に独立・創業し、世界39ヵ国のユーザーの声を取り入れながら製品の改良を行うハードウェア版リーン開発を行う。昨年までに日本と米国でのクラウドファンディングを6回実施し、累計約7,000万円の資金調達に成功しました。2018年度グッドデザイン賞受賞。

VUCA Labo プロフィール】

▶新井 宏征(モデレーター,VUCA labo共同創設者)
株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役
一般社団法人シナリオプランナー協会 代表理事

SAPジャパン、情報通信総合研究所(NTTグループ)を経て、現在はシナリオプランニングや組織開発の考え方を応用し、事業と組織の両面からクライアントの変革を支援するコンサルティング活動に従事。
不確実な時代の中で、イノベーションを起こし続ける組織や人材を生み出すために必要な知識と知恵を伝えることを目的として、メールマガジンやブログ、セミナーなどで情報発信を続けている。

東京外国語大学大学院、Saïd Business School Oxford Scenarios Programme修了。
産業技術大学院大学 非常勤講師(コンセプトデザイン特論)


▶阿部 一也(VUCA labo共同創設者)
Institution for a Global Society(IGS)株式会社 上席研究員

IT企業でシステムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、金融機関の研究所にて最新技術の調査や研究業務の支援に従事し、現在はブロックチェーンを活用した信用社会創造の研究に取り組んでいる。
MUFGデジタルアクセラレータのメンター、自律分散社会フォーラム会員、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 認定ジュニアコンサルタント。
複数のITコミュニティ(Start Python Club、fin-py、Fin-JAWS、X-Tech JAWS、found IT、つくばビットコインミートアップ、金融エンジニア養成コミュニティ、VUCA Labo)の企画や運営。
著書として「Sparkによる実践データ解析 ―大規模データのための機械学習事例集」(一部翻訳)、「金融データサイエンス」(共著)、「フィンテックエンジニア養成読本」(共著)等。

注意事項

  • プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。
  • イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性がある旨をあらかじめご了承ください。掲載媒体は、新聞、雑誌、オンライン・メディア、TVを含みます。
  • 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。
  • 人材紹介業、営業、保険、宗教、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。
  • その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。

プライバシーポリシー

イベント参加時にご入力いただいた情報は、各団体・各社のプライバシーポリシーに基づき、主催側のみで適切に扱います。

主催団体 プライバシーポリシー
VUCA Laboコミュニティ VUCA Laboコミュニティは、参加者の個人情報を次の利用目的のためだけに取得・利用するものとします。
 - 本イベントの運営管理
 - 本イベントに関する連絡・広報活動
 - イベントその他のお知らせの配信
株式会社スタイリッシュアイデア 株式会社スタイリッシュアイデアのプライバシーポリシーをご参考下さい。

*特にお申出が無い場合は、当イベントへの参加をもって上記内容にご同意いただいたものとさせていただきます。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

あべんべん

あべんべん published VUCA labo #008 福島英彦さん「大きなアイデアを実現する一歩の踏みだし方」.

01/15/2021 22:42

VUCA labo #008 福島英彦さん「大きなアイデアを実現する一歩の踏みだし方」 を公開しました!

Group

VUCA Labo

VUCA時代の未来の創り方

Number of events 9

Members 23

Ended

2021/02/17(Wed)

20:00
21:30

Registration Period
2021/01/15(Fri) 22:42 〜
2021/02/17(Wed) 21:30

Location

オンライン

オンライン

Organizer

Attendees(1)

あべんべん

あべんべん

VUCA labo #008 福島英彦さん「大きなアイデアを実現する一歩の踏みだし方」 に参加を申し込みました!

Attendees (1)